Relative human body

相対的な身体

Concept

The authenticity of the object and the ambiguity. The object is made by many layers that named "human personal perception." The object's shape is constructed by overlayed human perceptions. The object shape you can see at the moment is simply just the most external layer. When people see the object, they attempt to understand it unconsciously and they think there is an essence, however, the object is constructed by numerous human perception, if you peel off the layer one by one, there is nothing inside. When things to be clear, it means things to be ambiguous at the same time. If there is an essence, this paradox might be. Everything you can see is relative, it is just a temporary package.

Materials: calico, cardboard, puff binder, pigment, staple



コンセプト

モノの曖昧さと信憑性。
モノはそれを見る人々の個人的な"認識"という名のレイヤーによって作られている。 モノを認識する人の数だけそのレイヤーは幾重にも重なり、モノのカタチを決めている。
今、見えているモノのカタチはそのレイヤーの一番外側でしかない。 人はモノを見たとき、瞬時にそれが何なのか明らかにしようとし、そこには本質があると考える。 しかし、モノは人間の"認識"という名のレイヤーによって作られているので、そのレイヤーを剥いでいくと、実はその中心(本質)には何もない。
人にとってモノがクリアになるということは同時に、モノがより曖昧になるということでもある。 本質があるとすれば、このパラドックスこそが本質なのかもしれない。

目に見える全ては相対的で、一時的な空のパッケージでしかない。

素材: シーチング、ダンボール、発泡バインダー、顔料、スチール