A man who borrows the clothing of a “NEW” tiger

虎の衣を借りて着る

Concept

This skeleton shape which comes from the surface of the tiger face looks real creatures Skelton (of course not). I tried to fresh out to this skeleton and made a "NEW" tiger. Further, I made clothing for this NEW tiger. Participants can borrow and wear this clothing.
A package of this fictional creature can be real clothing, but also can be fake clothing. This clothing generates Paradox which contains "pack" and "unpack" at the same time. Participants who wearing this clothing will seek the existence of this fictional creature.
Think about wearing clothing that does not exist... Feel dizzy?

Materials: linen, calico, puff binder, pigment, cotton, thread



コンセプト

虎の表面を解体することによってバラバラになったパーツは、生き物の骨格ようなかたちを作り出す。私はこの骨格に肉付けした未知の生物を新・虎とし、新・虎のための入れ物(衣服)を制作した。
オブジェの解体から再構築される、フィクションの生物のための入れ物は、リアルでフェイクな衣服となり、 「包む」と「包まない」を同時に含むというパラドックスを生む。
その衣服を人間が借りて着ることにより、フィクションの生物の所在を探る。

「本当は存在しない衣服を借りて着ている」と考えると、少しクラクラするでしょう。

素材: 麻、シーチング、顔料、綿、糸