Lighting monster "Shadon"

電球の入れ物

Concept

Normally, people understand an object from its surface. I used an abandoned light bulb for my work.
This bulb was thrown away because already finished a role as a light bulb however, I think it was just a single perspective of us.
I made flesh out of my imagination to this skeleton which deconstructed from lighting bulb shape. I named this restored creature "Shadon". Shadon is a lampshade, but also an unknown creature. Of course, it has a lot of possibilities to change the shape in another form as well.

Materials: calico, cardboard, puff binder, pigment, staple



コンセプト

人は、モノの表面を見て、瞬時にそれが何であるのか判断する。今回使用した廃材の電球は、電球として廃棄された。それは「電球」という一つの見方を成されなくなったために、廃棄されただけのことである。しかし、それは一時的な見え方でしかなかったのである。
この、電球を解体してできた生物のような骨格に、想像の肉付けを施し、復元した生物を「シェイドン」と名付けることとする。
シェイドンは、電球の入れ物であり、未知の生物でもある。そして、また新たにかたちを変える可能性を持っているのである。

素材: シーチング、ダンボール、発泡バインダー、顔料、ステープル